手軽なサプリをはじめてみる

 「あの、500円・・・私の・・・」

 もちろん、それを聞いた時、頭の上に”?”マークが放射状に並んだのだが(^-^;)、よくよく聞いてみると、その女性の言い分は、

 「あなたが受け取ったおつりのうちの500円玉は、私が、レジに置いたものだ」

 ということのようである。
 確かに、この時、レジは混雑しており、私が代金を支払う前にレジ係が次の客である女性の会計を告げる声を聞いてはいた。そこで、お金のやりとりに行き違いがあった可能性は否定できないが、実際私の財布の中には500円玉が1個しかない。この500円玉は、先に酒屋に立ち寄った時、1480円の買い物をして、細かい金がなかったので5000円札を出しておつりとして受け取ったものだから、よく覚えている。
 500円玉が財布から2枚出てくれば、私も「あ、間違えました」と言って素直に500円玉を相手に差し出したかも知れないが、この時、少なくとも私は、余分な500円玉を持っていなかった。
 だから、私としては、女性の主張に対して、「わからない」という態度を取り続けるしかなかった。

ホットケーキに混ぜると良いとあるが !?


ハチミツである程度、甘みを付けてみたが
ぬぅ、もう一つ何か工夫が欲しいところだなぁ。

ググって見るとヨーグルトに混ぜるのは正解っぽい。
あとはフルーツを軽く足すなどが良く見られる。

ホットケーキに混ぜると良いとあるが
ちょっと夜中に帰ってきて作るのもシンドイし
ヨーグルトで攻めていくしかないかなぁ

次はチョコヨーグルトとかいうのでチャレンジしてみるかー

 

<日曜>
病院を調べるも休診ばかりで診察受けられず
しかたなくパブロンとチョコラBBを飲んで横になる。

<月曜>
熱が下がらず病院へGO
実は日曜診察やってるらしく、自分が電話した時間が早すぎたことが判明
インフルエンザの検査を受けるも陰性
抗生物質を貰って帰宅し薬を飲んで寝る

<火曜>
熱が37度以上であまり下がらない
喉の痛みも以前激しく、咳をするのも辛い感じ
さらに腹の具合もギュルギュルとやばい
もう一度病院へGO
もう一度インフル検査を受けるも陰性
症状が変わってきたので丁度良かったと言われ追加の薬を貰う
全部で10種類くらいの薬で飲むのにも苦労する(--;

リンゴの酸味成分

◆ブドウ

 ブドウは巨峰やデラウエアなど種類が多く、味のバリエーションが楽しめますよね。ブドウの栄養といえばポリフェノールの一種のアントシアニン。ブドウの紫色の成分です。アントシアニンには、活性酸素という体を老化させる物質を取り除く効果があります。

 【ワンポイントアドバイス】

ブドウは、ブドウ糖や果糖といった糖分が主成分。ダイエット中は特に夜遅く食べるのは避けた方が無難です。食べるなら、エネルギーを素早く補給したい朝がオススメ。

 ◆リンゴ

 イギリスのことわざで「An apple a day keeps the doctor away」(1日1個のリンゴで医者いらず)とあるように、世界中で健康的な食べ物として認識されているリンゴ。リンゴの皮に含まれる「リンゴポリフェノール」は強い抗酸化力があり、病気や老化からカラダを守ってくれます。さらに、脂肪分解酵素であるリパーゼの活性を抑制する働きがあるため、脂肪が吸収されにくくなり、ダイエット効果も期待できます。

他にも、カリウム・食物繊維が豊富で、リンゴの酸味成分であるリンゴ酸には、疲労回復効果があります。乳酸菌も忘れずに。

腸内環境を良くしたい!

枇榔な話で申し訳ないのですが。

便秘気味でした。

肥満気味もあり。

乳酸菌を摂ろうと思って、サプリを探したら(ヨーグルトで十分なのでしょうけど、後片付けがねぇ(笑))。

エビオスを発見しました。

一回に10錠飲むので、食後の甘いもの、その他間食が減る予感。

これで、便秘解消と減量が出来れば、一石二鳥。。。

常々、「腸内環境を良くしたい!」と思っていて、ぬか漬けには興味があったものの、実際に漬けてみるまでには至らず…でした。

そんな時に、地元の酒屋のベアーズさんで無添加の白菜漬け&ぬか漬けのワークショップがあると知り、1月最後の土曜日に参加してきました。

白菜漬けもぬか漬けも、以前は母が漬けていて、それなら教えてもらえばいいじゃないか!という話ですが、そんな機会も案外ないし、プロの方に教えてもらえるのはやはり魅力的ですからね~

この日の講師は、無添加の漬物専門店・菜香やさんの社長の遠藤さんです。
まずは、白菜漬けからスタート!

白菜は洗わずに外側の葉をはがし半分に切って計量後、さらに半分(1/4)にします。
重さの3%の粗塩を、葉っぱの一枚一枚を開きながら、芯の部分に丁寧に振り入れなじませます。
ここ、大事!

1人に白菜半株だったけど、思っていたより塩の量が多くて、振っても振っても減らない!
他の人が白菜を樽に並べ始めているのに、私1人で塩を振っていました(笑)

次に、塩を振ったら樽に並べ、上から踏みつけて繊維を潰してあげます。
こうすると塩のなじみが更によくなるそうです。

米麹はおいしくて、体に良い

最終的に摂り続けているのが、R-1ヨーグルトとベジブロスです。

子どもの頃から病弱でインフルエンザに罹ったりと
トラブル続きでした。
出産後、これではいけないと納豆やお魚などいろいろ試しましたが
今でも続いているのがこの2つです。
“毎日摂り続けられるもの”というのが大きいと思います。

この効果なのかわかりませんが、もう何年も風邪知らずで
同じものを食べている家族も仕事・学校を休んだことは1度もありません。
(子どもに至っては生まれてから2度しか風邪をひいてません)

今はアマニ油が気になって半年ほど試してますが効果はまだわかりません。
こうして文にしてみると、結局、流行り物が好きなんだなと改めて実感しました。

おかゆをつくり、60度に冷ましたら米麹をいれて、炊飯器の蓋を開けて8~10時間、数回混ぜてでできました。
調べたら、米麹の甘酒は飲む点滴といわれているそうです。

米麹で塩麹などもつくれるので、料理のレパートリーも増えますので、まだまだいろいろ試しております。

米麹はおいしくて、体に良いので我が家の定番になっています。

便秘は怖い

うちの妹は昔、夜中に急激な胃痛で動けなくなった。
母が車で夜間やってる病院に運んだ。

が、その病院では胃痛の原因が分からず、救急車で別の病院に転送された。
運ばれた先の病院でも原因が分からず、さらに別の病院に救急車で転送された。

で、最後の病院で原因が分かった。
まさかの極度の糞詰まり。

腸がぎっしり詰まり過ぎて、中の物が胃まで到達してしまい、胃に激痛が走ったらしい。

当然、浣腸なんかじゃどうにもならず、点滴して少し出して、なんとか痛みが治まったらしい…。
(とは言っても、一度に全部出るハズも無く、その後数ヶ月便秘は続いていた。)

当時、高校生だった私は、母と妹が病院に行っている間、家で留守番だったので、妹が家に戻ってから一部始終を知らされた。
母は「あー、恥ずかしかったー」と言っていた。

妹が言うには、あんなに凄まじい胃痛は生まれて初めてだったらしい…。
症状が「胃痛」だったから、もしかしたら病院側が胃を見て腸を見ずに、夜間で専門医もいなくて原因不明となって慌ててしまったのだろうか…?
現場にいなかったので分からないけど、未だに不思議。
というか、そこまで放置していて、腹には激痛は走らないものなのかしら…。

とりあえず我が家は、便秘で救急車は呼んでいない。
病院側が便秘と気づかずに救急車に乗せただけ。

教訓。便秘は怖い。

体重の記録と食事の記録

大学生のときに時間があった+激太りしたので、ウォーキングを朝1時間、夕方1時間、その間に余裕があれば半身浴を1時間、食事制限(昼は野菜たっぷりの春雨スープや夜はおかずのみ、お腹がすいたら豆乳など)をして、2ヶ月で10キロほど痩せました。

運動をたくさんしたので無理はなく痩せれたと思いますし、激しいリバウンドもありませんでした。

野菜3、肉などのタンパク質2、炭水化物1ダイエットで15キロ、6ヶ月で痩せた事があります。
割合を守れば、ケーキもオッケー、量も加減なく食べて良しで苦痛なく出来ました。

今までやったダイエットで一番健康的で何年もリバウンドもありませんでした。

しかし、ご飯をお茶碗一杯食べたかったら、野菜を3倍とらなくてはならず、とにかく野菜の多いメニューを考え作るのが面倒だった気が、、。

後は悪阻が酷くて、産むまでに13キロ痩せました。現在出産後、ゆっくり元に戻りつつあります。せっかく痩せられたのに、ヤバいです。

今は体脂肪率が高く、食事だけでは代謝が悪くて運動しなきゃいけない感じです。
だけど17時以降食べない様にしたら、ゆっくりではあるけれど少しずつ減り始めました。

炭水化物ダイエットもしたことあります。夕食だけの緩いのですが、直ぐに体重が落ち始めて楽しんでたら妊娠してやめましたが、またしようかな?!

体重の記録だけはずっと続けていますが、それに加えて、食事のレコーディングをしたり、筋トレをしたりと、1~2年で飽きてやめてしまった習慣もあります。
どれも、やらないよりは効果があります。

気合を入れて生活習慣病という病気を完治するには…。

調子に問題のない人の大腸に存在している細菌の内では、断然善玉菌が有利な状況です。
基本的にビフィズス菌は一般的な成人腸内細菌のざっと一割程度になり、みんなの健康と確実な相対効果が分かっています。

堅実にその栄養成分を飲用することにより、内部から勇健に生まれ変わることができます。
加えて無理のない範囲でエクササイズを取り入れて行くと、影響力も上がってくるのです。

柱となる栄養成分を、ほとんど健康食品のみに寄りかかっているとすれば問題ありなのではないでしょうか。
市販の健康食品は当たり前ですが、補給的なものであって、食卓との中庸がポイントだという意味だと思われます。

普通健康食品などでうまくグルコサミンを摂取すると、体中の関節や骨格などの自然な機能といった効き目が予想できますが、加えて美容の領域にしても想像以上にグルコサミンは有用な面を披露します。

じっと肝臓に到達するのを待ちなんとかその効果を見せるサビない体を作るセサミンでありますから、体の器官の中で一番分解・解毒に尽力している肝臓に、素早く働きかけることが許される成分のように考えられます。

知っていますか?コンドロイチンが減少すると個々の細胞に適正な栄養と酸素とをもたらし、要らないものを排出するといった大事な役割ができずに、体に必要な栄養成分が必要量各々の細胞に対して運ばれることができず、細胞自体が劣化して行くのです。

薬事法の改正により、薬局のみでの販売といったリミットがなくなり、近所のコンビニエンスストアなどでも手軽に購入できるサプリメント。
その一方で、服用するための正確な役立てる方法や発揮する効果を、いくつぐらい意識されていらっしゃるのか心配な部分もあります。

医薬品関連の規制緩和に伴い、薬局といった限定がされなくなり、町のコンビニエンスストアなどーでも誰もが買えるサプリメント。
その一方で、それを使う上での正確な使用方法やどういった栄養が補えるのかといった製品情報を、服用前にどれほど調査できているでしょうか?
気合を入れて生活習慣病という病気を完治するには、体の中のいわゆる毒を排出する生活、そうして身体に溜まっていく有毒素を減少させる、そんな生活にしてあげるということが大切です。

日常生活の中で心の悩み事はいっぱいありますから、めったにゼロストレスにはできないようです。
こうした重圧的ストレスこそが、あなたの疲労回復の足かせとなるのです。

一般的に健康食品は、健康に効果があると考えられるとされる有効成分の効果を強調する食品のことを総称しており、特に厚生労働省が、分析・検査の上に検証、認定し健康の維持に対して、期待通りの作用があると最終的に厚生労働大臣が認識したものを私達がよく耳にする「特定保健用食品」という名称で販売されます。

近い将来高齢者でも自己負担がアップする可能性が極めて大きくなっています。
なので自身の健康管理は他でもないあなたがしなければ国や福祉に頼れる時代は終わりましたので、手軽に健康食品を有効に摂取する必要性は極めて高いでしょう。

全部の事象には、「インシデント」があって「作用」が存在します。
生活習慣病というのは、当事者のいつものライフスタイルに「起こり」があって疾患という「首尾」が生み出されるのです。

必須なコエンザイムQ10は、食生活で得ることのできた食物を生きる力に姿を変えてくれて、かつあなたの細胞を、傷つけてしまうという活性酸素がもたらす酸化から徹底的に防護する役割を果たしてくれ、老化とは無縁の肉体を守る役目を持ちます。

当然ですがビフィズス菌は、常に大腸の中に有り続け体にとっては害のあるいわゆる悪玉菌の増殖を抑止して、そのうえ腸が行う活動を活性化する役割を担いますが、悔しいことに酸には弱く、ばっちり腸までそつなく持って行くことは大変だというのが本当のところです。


健康食品の特色とは…。

節々に有用と言われる成分のグルコサミンがだんだん減少していくと、あちこちの関節を繋いでいる軟骨が、どんどん擦り合わされて減少し、関節炎による痛みを招いてしまう、大きな要素になると推定されます。

世間一般で言う健康食品とは、体に良いとされる食べ物のことを言い、ことに厚労省が、入念に検査を実施した後に認定し毎日の健康の維持や増進に対して、期待ができると立証されたものをトクホのマークでおなじみの「特定保健用食品」といった表示で販売が許可されます。

周知のようにビフィズス菌はヒトの中でも特に乳児の大腸内に多くあり、腸内細菌である大腸菌に代表される、病原を持った微生物や腐敗菌の量が増してしまうことを緩ませ、害がある物質の生成を妨げたり、体の中の特にお腹をいい状態にする作業をします。

概してビフィズス菌は、様々な種類となる栄養素が腸の中で吸収がサクサク進むようないい環境に整えてくれます。
大腸に適したビフィズス菌などみたいな便利な菌を、体内に着実に用意しておくにはいわゆるビフィズス増殖因子と言えるオリゴ糖や便通を整える作用のある食物繊維や不可欠と言えます。

「ストレスからくる副作用は受動的な事例からくるものだ」という概念があると、ためてしまった日々のストレスに思い至るのが延着する時が認識されています。

健康食品の特色とは、毎日の食生活に関する脇役的なものです。
その点をふまえて健康食品は炭水化物・たんぱく質・脂質などバランスのとれた食習慣を頑張った他に、摂れなかった栄養素などをこまめに摂取することが必須の状況での、縁の下の力持ちと考えましょう。

主たる栄養素を、ただただ健康食品ばかりにしがみついているのならちょっぴり心配です。
多彩な健康食品は当然ですが補給的なものであって、どんなものも兼ね合いが必要不可欠なのだと推察します。

体内に必要な成分の一種であるコンドロイチンは、関節部分の結合組織内に見られます。
あるいは関節のみならず、関節を助ける靭帯や筋肉に代表される、弾性組織の箇所にも軟骨を守るコンドロイチンが保有されています。

重大な仕事をするコエンザイムQ10は、食べて体に入れた食物を命を継続させるための力に取り換えてくれて、付け加えるならヒトの細胞を、若返りの敵活性酸素による酸化からとことん守り抜いてくれて、老化とは無縁の肉体を守る役目を持ちます。

通称コンドロイチンは、各関節部位の個々の接続部分に内在しています。
それから関節に限らず、筋肉・靭帯に代表される、柔軟な部分についても陰で支援しているコンドロイチンが内側に存在しているのです。

心にストレスを受けやすいというのはサイコロジー的側面から推測すると、極度に繊細だったり、他の人に頭を配ることをしすぎたり、自分の不安点をどちらも持っているケースも多いようです。

ゴマ油に含まれるセサミンには、老化に作用してしまう体の活性酸素を押し止めてくれるありがたい作用があるので、難儀なしわやシミの予防に役立つことから、いってみればヒトの老化現象への対抗手段として活躍する救いの神と思われます。

TCA回路が活発に働いていて、着実に成果を上げることが、身体の内側での熱量形成と溜まった疲労回復に、間違いなく影響すると聞きます。

一般にグルコサミンは各関節の痛みを出させないようにする役割をするのみならず、体内の血小板による凝集作用を抑止する、どういうことかというと血流をスムーズにして、淀んだ血液をサラサラにする成果があると言えるのです。

元々肝臓に行ってから何とかゴマパワーを見せつける万能セサミンですから、体内の臓器の中で分解・解毒に多忙な肝臓に、素早く働きかけることが許される成分のように考えられます。


いわゆる健康食品にてうまくグルコサミンを摂取すると…。

自分の疲労回復のために生気がわく肉を摂っても、少しずつしか溜まった疲れが回復しなかったという体験はなかったですか?そのことは繋がりのある疲れの物質が、体内の組織に累積しているからだと思われます。

「生活習慣病にかかったらかかりつけ医に行けばいい」とたやすく考えているなら、その考えは間違っており、一般的に生活習慣病という名前が申し伝えられた時点で、今の医学では治癒しない直しようのない疾患であると言わざるを得ないのです。

思ったとおり間違いのない体が欲しがる栄養成分に関する知見を増やすことで、ぐっと健康になれる栄養の取り入れをしていた方が、その結果としては適正かもしれないですね。

一定量のグルコサミンを食事のみから身体に摂り込むことは簡単ではないので、補充するのならあっという間に適切に補うことができ得る、各社から発売されているサプリメントが推奨されます。

栄養は摂れば摂るほどいいわけではなく、効率的な摂取量というのは不足と充足の中間点の量と言えます。
それから理想的な摂取量は、栄養成分毎に別様です。

やはりすべての事柄には、「動因」があって「首尾」があるものす。
生活習慣病というのは、かかった本人の独自のライフスタイルに「誘因」があって病気を発症するという「結果」が産出されるのです。

学生生活や社会人生活など、心的な不安定感は豊富に存在しますから、まずもってイライラを無くすことは出来ないのです。
それらの困りごとのストレスこそが、疲れを取り除く(疲労回復)のに妨害物となるのです。

近代の生活習慣の絶え間ない移り変わりによって、不規則になりがちな食生活をやむを得ずされている人々に、摂れなかった栄養素を補給し、忙しい現代人の体調の今の状態の保持や増強にかなり有効に働くことが認識されているものが、一般的に健康食品と言われています。

日本人の3分の2近くの死亡原因である生活習慣病の原因は、毎日のライフスタイルのありとあらゆるところに存在しているため、罹患しないためには、これまでの日常生活の例えば塩分の摂りすぎに注意するなど、抜本的な補正が重点となります。

体の内部にストレスを抱えやすいというのは、深層心理学的に言わせれば、極度に繊細だったり、外部に気を異様に使ったりと、自信喪失を一緒に持っていることも大いにあります。

体重制限をしたり、多忙に乗じて栄養になるものを食べなかったり減軽したりすることが続けば、心身の各組織の動きを保持していくための栄養成分が十分でなくなって、少なからず悪影響が出現します。

いわゆる健康食品にてうまくグルコサミンを摂取すると、体の関節や骨格の滑らかな機能といった波及効果が得られると思われます。
その上プラス美容面を見ても想像以上にグルコサミンはパワーを発揮するでしょう。

例えば軟骨と関連性の高いコンドロイチンについては、はっきり言って連想しにくいですけれど、食物繊維の類です。
適量を、自分達の持っている組織にて生成される、大事な栄養成分ではあるのですが、実際は歳をとるにつれて体内での作成量が徐々にダウンします。

「私はストレスなど溜まってなんかいないよ。
へっちゃらだよ!」と自信満々の人に限って、一生懸命すぎて、ある日突発的に深刻な疾病としてにじみ出る失敗の可能性を内部に秘めているのです。

本来野生から受け取る食物は、等しい生命体として人類が、命を保つのに不可欠な、いろいろな栄養素を内包してくれていると考えられます。